• Yuki Hayashi

日差しの温かみを感じる。


築40年を超えるマンションの間取り

築年数の経過しているマンションによく見られる間取り配置した。

クロスなどを貼替えたリフォームは施されているけど間取りはそのまま。

LDkと居室が壁でふさがれて独立していて一つ一つが狭いなぁと感じてしまう現場でした。現場写真はこんな感じ。

一度解体して全てをリノベーションできるのであれば思いのままに間取りやデザインを変えることは可能ですがフルスケルトンにすると解体コストも再構築するコストも大きくかかってしまうので、マンション購入費用や引っ越し費用など諸々かかる費用を考慮して必要最小限でイメージを一新できるようなリノベーションをしたいとのことでした。


お施主様の好みを探る

まずはお施主様とヒアリング。

これまで本とかで見た好きな家具や間取り、今お使いの家具、好きな旅行先、などリノベーションと関係のない会話も盛りだくさんさせて頂きました。

その結果、北欧風のナチュラルなデザインがお好きであるということがわかりました。


3Dパースによるデザインご提案
リビングと居室を木の格子窓でつなぐイメージ

お話を基に素材はナチュラルな木目を使用。既存の間取りを変えずに明るくするために間仕切りの壁に窓とドアを付けて解放感もUPさせ、床には無垢材風フロアータイル、壁は塗り壁調のクロスを貼りました。

水廻りは以前のリフォームで新しくされていたので壊した場所はこの一カ所だけで後は和室を洋室に変更し全室クロスと床を変えただけ。トータル80万円でした。

22回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示